2021/06/25 00:00








いつもとは違うエッセンスを加えたり解釈の仕方で、そのものが輝きを纏う瞬間があります。


古いもの、シンプルにひっそりと佇み変わらずに存在しているもの。

あるいは今は価値を失い、一見ガラクタに思えるもの。


RehersalLのお洋服はミリタリーウェア・ワークウェア・ヴィンテージアイテムの素材そのものが持つ"機能美"と時間の経過によって醸し出される繊細さや温かみ。

手作業から生まれる歪な人間らしさが表現されています。


同時開催していたのKAKERA"掬い上げるもの こと"

その人だからこそ見つけた美しいという気持ちをこれからに繋げていけるという面ではわたしの中で重なったのでしょうか。


全てを変えることは難しいかもしれませんが

こうやって元々存在していたものを

新しい解釈で今必要と思えるものに変えるという動きがアップサイクルとなり、環境にもそこに住む人にもいい影響が生まれたらいいなと思います。