2021/08/07 13:31



『MAD et LEN』








天然の素材と職人の手から生み出される


「不完全な美」


南仏の人里離れた山村、サン・ジュリアンで作られるMAD et LEN。


失われた時を求め、花や木・茎などから蒸留抽出した香りを手作業でしみ込ませる昔ながらの製法を用いています。


天然の素材を用いた独創的な調香と、

職人の手で生み出された鉄器はアートのようであり、

世界中のフレグランスファンの嗅覚と視覚を魅了しています。



physisの大切にしたい

手仕事ならではの美しさや

自然の美しさ。


そのどちらも映し出されたMAD et LENの作品達は

その人の中にある内なる感覚を引き出してくれるような

エッセンスを日常の中に与えてくれます。




マルセル・プルースト著

『失われた時を求めて - A la recherche du temps perdu 第1章スワン家のほうへ - Du cote de chez Swann』


 … 冒頭「mad.len」にマドレーヌ(実際のスペルはMadeleine)をお茶に浸して食べたことから過去の記憶が一気によみがえるというエピソードが紹介されています。

このマドレーヌが『MAD et LEN 』の由来であり、

製品開発のコンセプトとなっています。





 シリコン・パラベン・パラフィン・PEG・人工の着色料や香料などの石油成分などは使用しておりません。

またミツロウ以外の動物由来成分 も使用しておらず動物実験も行っていません。

人口保存料ではなく天然の保存料を使用し製品の品質を保つように製造されています。



製品はすべて手作業でつくられるため、

ひとつひとつが特別 

パッケージやラベルも手作業なら、

キャンドルを容器に注ぐのも、

香水をブレンドするのも職人の手によっておこなわれます。



マドエレン のコレクションはすべて限定品で、

アポセカリー(薬局)のように注文を受けてから製造にとりかかり、大量生産される製品とは違い、

手間をかけパヒュームのルーツに戻ることを望んでおり、製品の良さを直接伝え広めたいと考えています。


オールドファッションな遮光性の高いブルーボトルを使用し、またハンドメイドで仕上げられたボックスもマドエレンの特徴です。






physisではミニマルアートを感じさせるアイアンの器に、天然石や琥珀樹脂を入れたポプリタイプのルームフレグランスとパルファンミストを直接手に取っていただくことができます。













自然の中に存在する一つとして同じものがない美しさ。


香りでも視覚でも楽しんでもらえると嬉しいです。


なかなか足を運ぶのが難しい方もいらっしゃるかと思います。


少しでも寛ぎと感動がお届けできるよう、MAD et LENは通販もしておりますので覗いていただけると幸いです。


MAD et LEN ONLINE



-----------------------------


physis(ピュシス)

open day | 木・金・土(第3木曜定休)

時間 | 12:00 - 19:00

会場 | physis

〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央3丁目6-6 大田ビル306 

Tel | 080-4317-7884 

Mail | physis.fukuoka@gmail.com


-----------------------------